読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国旅行は中国と日本の絆の見直し

中国の人々や歴史を日本人との関係で捉えなおすよう心掛けた


 「淀みに浮かぶうたかたはかつ消えかつ結びて久しく留まることなし」
  今から5、6年前中国を通算2年をかけて旅行した。中国語でいう「旅游」である。

 日本のように圧倒的に単一民族が支配的である国に対して、中国の広大で且つ多くの少数民族を内に包含し、多少の矛盾はありながらも、国としての体勢を2000年間の長きに亘って続けてきたということは、それだけでも畏敬に値する。

 今回の旅は現実の姿に直接触れることにより、中国の良さと遅れた点を垣間見ることができたと同時に、日本との関係において改めて日本を見直すきっかけになったと思う。

 このブログはその時の記録である。これ以上無理解による反目が広がらないことを祈る。

     目指すは「坊ちゃん」と「ドクトルマンボウ航海記」    (李 白扇)
 

 
 

再開します

 暫くの間、中国で武者修行をしていました。期間は半年間でしたが、ある人に言わせると「たった半年ではモノにはならんわ」
いやあ、おっしゃる通りです。しかし、モノにならんでも、やらんよりはましだろう」と頑張りました。
 その成果をこのサイトで示すことが出来ればいいのですが・・。
さて、私の武者修業とは一体何だったんでしょう?
コメントに一言入れて戴ければいいんですが.

日本アジアカップ優勝

やってくれた!!
 負けるかもしれない!? こんなに何もかもうまくいかない中で、一脈の光明を差し出してくれた、サッカー日本代表。自分にはこんなことは今までなかったこと。ともかくよかった!

囲碁と国力

1月25日付の「日中友好新聞」によると、昨年11月12日から15日間行われた「アジア大会」で、囲碁が初めてスポーツとして採用されたとのことである。参加チームは全部で8各国だたそうだが、1位は韓国、2位中国、3位日本とほぼ勢力図そのままが勝敗に現れたとのことである。
 ところで50年、60年代は日本が断トツだったとのことであるが、今では勢力図でも、囲碁人口でも後塵をきす存在になってしまっているとのことである。中国の囲碁人口は1億3千万人でかつピラミッド型となっている。一方の日本は人口360万人で、しかも年齢構成は逆ピラミッド型になっているとのことである。
 振り返ってみれば、このような凋落状態にあるのは、なにも囲碁に限ったことではなく、小中学生の体力、学生の学力などなどいろんな方面で危惧を持たれている。
 いつからこうなってしまったのだろうか。
 国もレベルでも自民党政治をそのまま丸呑みするような非常に危うい議論が展開されているが、60年間続いた自民党の悪政への回帰ではなく、1日も早く国民が納得のいく『元気の出る』政治を展開してもらいたい。国民の中にある閉塞感を打ち破るのは国民自身であることを今や肝に銘じなければならない。
民主党にも、自民党にも、官僚にもそしてマスコミにもゆめゆめ気を許してはならない。

児童用図書?

 本屋に行った。中国ではどこにでもある「新華書店」という店だ。この店はどこの町でもかなり大きな建物に入っており、5,6階建てというのざらである。入口には盗難防止用のゲートがあり、ある程度のチェックはしているようだ。このゲートでは機械的なチェック以外に人間が立っていて、買い物をしたときは、そのレシートを見せるようになっている。つまりレシートがなければ盗難と見なしているのかも知れない。 

 店に入るといきなり三国志演義や史書等が山積みされている。本好きの人間にとっては、これを見ただけでうれしくなる。

 今回は中国語の発音の練習の為に、子供用の音声CDを探しに来た。こちらの子供が学校に行くまでに発音を習得するために買い求める「三字経」「千字文」を見てみたいと思った。品ぞろえはかなり豊富で、それぞれにいろいろの出版社から出されているようだ。この三字経というのは歴史は古く、宋代に作られ延々と唱え続けられている。内容は儒教的な部分も多く、最近では少し敬遠されているのかもしれないが、音だけに特化すればそれなりに使われているようだ。

 その隣の書棚には、子供に漢字を書かせるためのいわゆる漢字帳が並べられていた。驚いたのは小学に上がる前の子供の書き方の練習に「孫子の兵法」「論語」「三国志演義」などが置かれていたことだ。もちろん子供用に優しく編纂はされているのだろうが、日本の子供たちがまずはひらがな、漢字は小学校に上がってからで、それもかなり制限を設けているのに比べ、こちらではなんと厳しいことか。因みに字数を聞くと千二百、三百ぐらいとか。もちろん余計に漢字を知ればいいというものでもないだろうが、若いうちから頭を鍛えるという点からは後れを取っているのではないだろうか。頭もあまり大事にしすぎるとかえって弊害が出てくるというのが最近の研究のようだ。

 漢字帳以外にいわゆる子供用の本を見てみると、あるわあるわ実に多くの本が並べられている。それこそ孔子、孟子は言うに及ばず、孫子の兵法、三国志、史書挙句の果ては金瓶梅等も置いてある。これだけのものがすべての小学生の愛読書とは思わないが、実に豊富に準備されている。

 日本では漢字離れが進んでおり、中国も同じ傾向ということで、違いは本のちょっとしたものかも知れないが、違いの中身を吟味しないととんでもない誤解を招くことになる。文化の違いというか層の厚さの違いを思わず見せつけられた感じである。

本当にこれ子供用の読み物?

 こうした違いもやがて自然にならされて問題はないかもしれないが、やはり少し心配になる。

色が消えた!! 広告が消えた!

 今日のタイトルは、一つは今日だけのことであり、一つは最近の現象である。
 「色が消えた」というのは、甘粛省舟曲で起こった地滑りの大災害に対し、政府が8月15日は「舟曲哀悼の日」と決め、政府機関や対外公館では半旗を掲げ、かついわゆる歌舞音曲を差し控えると発表したことに伴い、今日のインターネットのウエブページのトップページの色は消えて、白黒になってしまった。天安門では半旗を掲げる儀仗兵の儀式が報道されていた。というわけで中国のネットワークの主なページの色は今日一日は白黒だということになる。また実際の番組でも少なくとも私の見ているテレビでは全チャンネルはニュースを除き、舟曲の災害報道だけで、ほかの番組は一切見ることはできない。

 「広告が消えた」というのは、最近あれ!と気がついたことであるが、日本のメーカーの広告が街頭から姿を消したことである。これは今住んでいるところでも感じていたが、先日上海・青島に行ったときにはっきりと意識したことである。以前は上海・青島のような大都会では日本の電器、自動車会社の広告が街頭ではかなり見ることができたように思うが、最近では消えてなくなってしまったのだ。代わりに目立つのはサムソンの広告である。
サムソンの広告も比較的少ない。

 これは日本の企業の戦略の変更なのか、はてまた中国の政策の変更でこうなっているのかは知らないが、以前であれば「ソニー」「ナショナル」「三菱」「キャノン」などの広告をかなり見たように思うが、これが消えてしまったのは少しさびしい。
 広告業そのものはかなり発展しているように思う。街頭広告よりもメディア広告の発展が顕著のように感じる。中国企業の宣伝広告はテレビなどではかなりすごいことになっている。従って広告業そのものは健在であるので、先の日本の企業の広告が少ないのは、中国の広告業界の盛衰の問題ではないようだ。

舟曲の壊滅的状況

 しばらく周りのごたごたで落ち着いてテレビを見ることがないという生活が続いていたが、今朝(8月13日)久しぶりに朝のニュースをみて、甘粛省の南部の舟曲という街で大変なことが起こっていることに改めてことの重大さに驚いている。甘粛省と言えばあの有名な敦煌もその最西端に位置している。

 もちろんここで大規模な土石流が発生していたことは知っていたし、救援現場に多量の兵士が派遣され、人海戦術的な活動を行っていたことは知っていたが、今日のニュースでは現場のヘリコプター映像で、より全体的な状況を報道していいた。
 黄河の上流か揚子江の上流かははっきり分からないがともかく相当の山奥の山の街であるが、ここしばらく続いた大雨で大規模な土石流が発生し、河の流れをせき止めたため洪水が発生し街が壊滅しているというものだ。報道によると川底が10Mほど土砂に埋まって上がってしまったため、街の三分の一が土砂に埋まったというものだ。 

 政府は大規模な救援隊を派遣するとともに、幹部を対策本部のトップに任命するなど全力を傾注しているが、発生してから5日目になっているにもかかわらず、今なお大雨が持続し救援作業が困難な状況にひんしていると伝えている。政府は8月15日をこの土砂崩れに対し哀悼の人設定し、あらゆる娯楽活動は自粛し、政府機関には半旗を掲げるとしている。

 中国は太古の昔からこの治水ということが、時々の皇帝にとって常に最大の課題であった。
 先日も書いたが、国土が大きいため、発生する天変地異や気候変動が、我々日本人の想定する規模をはるかに超える規模で発生するようだ。この一カ月の発生を見ても、この甘粛省の大規模土砂災害のほかにも、広州で大規模な洪水が発生しそれぞれ対応に追われている。地震についても、四川省の地震以外に青海省の大地震と立て続けに発生している。これらの事件はすべて中国にとって経済的にマイナスの要因として作用するはずである。
 いずれにせよ中国では人口が多いため、小さな街といっても、100万人の人口を超えるところは少なくなく、災害の規模もそれに比して途轍もない大きさになっているようだ。
 日本ではこういうのを聞くとえてして「洪水が起こるのは、木を切りすぎたため」とか建物が倒壊すると、「まともな建築物でないからだ」と批判的に物事を見がちであるが、そういう原因もあるかもしれないが、直接の原因は、「想定の範囲をはるかに超える気象現象・地殻変動」に起因するのではなかろうか。

 とりあえず ここをクリックして別置の写真をご覧いただきたい
  甘粛省舟曲の生々しい現場

小さな違い大きな誤解 その2

 昨日までのうだるような暑さ。今日も決して涼しいわけではない。しかし、赤とんぼを発見した。昨日までは少なくとも見なかった。おう!ここにも赤トンボはいるのだという驚きとともに日本も同じかという感傷がよぎる。
 「人ごみを よけて飛び交う 赤とんぼ
     はじめて気づく 秋の気配を」 

 一昨日ここには日本のような季節感はないと断言してしまったのではあるが、やはり確実に秋は忍び寄って来ている。しかし、あたりの人々にこれに気付いた気配はない。
 だが、ここで一般化するところに大きな誤解が生まれるのだ。すなわち「中国人は季節の変化に鈍感だ」と。小さな部分で物事を見て、それを全体に広げてしまうという典型的な「観念論」だ。自分もそのような過ちを犯す傾向が多分にあることに厳に戒めなければならない。
 
 久しぶりに俳句をと意気込んだが、単に赤とんぼを見たというだけでは、モチーフにインパクトが欠ける。やはり中国ということを謳いこまなければ、ただの俳句もどきになってしまう。
七転八倒したがどうにも出てこない。出てきた結果が先の短句もどきである。しかし、下の句が蛇足である。思いっきり削ってしまったら、
 「人ごみの 熱気を避けて 赤とんぼ」(李 白扇) 赤とんぼが平凡である。 やはり難しい!

 ちなみに漢俳では、
 「人山人海里 紅蜻蜓讓醒過來 秋色深起來」 とでもなるのか・・。 お粗末でした。