中国旅行は中国と日本の絆の見直し

中国の人々や歴史を日本人との関係で捉えなおすよう心掛けた


 「淀みに浮かぶうたかたはかつ消えかつ結びて久しく留まることなし」
  今から5、6年前中国を通算2年をかけて旅行した。中国語でいう「旅游」である。

 日本のように圧倒的に単一民族が支配的である国に対して、中国の広大で且つ多くの少数民族を内に包含し、多少の矛盾はありながらも、国としての体勢を2000年間の長きに亘って続けてきたということは、それだけでも畏敬に値する。

 今回の旅は現実の姿に直接触れることにより、中国の良さと遅れた点を垣間見ることができたと同時に、日本との関係において改めて日本を見直すきっかけになったと思う。

 このブログはその時の記録である。これ以上無理解による反目が広がらないことを祈る。

     目指すは「坊ちゃん」と「ドクトルマンボウ航海記」    (李 白扇)
 

 
 

アルバイト

 学校の前のぶっかけ屋のあたりを歩いていたら、バイト募集のチラシを渡された。困っているように見えたのかどうかは知らないが・・。あくまでもバイトであるので、賃金は低いし、そんなにいいものがあるわけではない。また学校の校門の前ということでもあり、学生対象のものであることは間違いがない。
 


 倉庫要員(責任者)  1000元/月   レジ担当      40−50元
 市場調査      30−80元/日   ケンタッキー店員  5.5−7元/時間  
 小中家庭教師    10−25元/時間  ホテルサービス員  45 元/日
 

 いずれにしても、月1000元行くか行かないかのところだろう。アルバイトだから、それで生計を立てるわけではないだろうが、それでもかなり厳しいといえる。日本円で言えば、16000円ぐらいである。単に為替で比較するのもなんだが、逆に考えれば、中国の物価水準から考えると日本のアルバイトの相場で一時間1000円の方が、返って厳しいとも言える。
 日本の学生も中国の学生も大変なことには違いない。

広告を非表示にする