中国旅行は中国と日本の絆の見直し

中国の人々や歴史を日本人との関係で捉えなおすよう心掛けた


 「淀みに浮かぶうたかたはかつ消えかつ結びて久しく留まることなし」
  今から5、6年前中国を通算2年をかけて旅行した。中国語でいう「旅游」である。

 日本のように圧倒的に単一民族が支配的である国に対して、中国の広大で且つ多くの少数民族を内に包含し、多少の矛盾はありながらも、国としての体勢を2000年間の長きに亘って続けてきたということは、それだけでも畏敬に値する。

 今回の旅は現実の姿に直接触れることにより、中国の良さと遅れた点を垣間見ることができたと同時に、日本との関係において改めて日本を見直すきっかけになったと思う。

 このブログはその時の記録である。これ以上無理解による反目が広がらないことを祈る。

     目指すは「坊ちゃん」と「ドクトルマンボウ航海記」    (李 白扇)
 

 
 

囲碁と国力

1月25日付の「日中友好新聞」によると、昨年11月12日から15日間行われた「アジア大会」で、囲碁が初めてスポーツとして採用されたとのことである。参加チームは全部で8各国だたそうだが、1位は韓国、2位中国、3位日本とほぼ勢力図そのままが勝敗に現れたとのことである。
 ところで50年、60年代は日本が断トツだったとのことであるが、今では勢力図でも、囲碁人口でも後塵をきす存在になってしまっているとのことである。中国の囲碁人口は1億3千万人でかつピラミッド型となっている。一方の日本は人口360万人で、しかも年齢構成は逆ピラミッド型になっているとのことである。
 振り返ってみれば、このような凋落状態にあるのは、なにも囲碁に限ったことではなく、小中学生の体力、学生の学力などなどいろんな方面で危惧を持たれている。
 いつからこうなってしまったのだろうか。
 国もレベルでも自民党政治をそのまま丸呑みするような非常に危うい議論が展開されているが、60年間続いた自民党の悪政への回帰ではなく、1日も早く国民が納得のいく『元気の出る』政治を展開してもらいたい。国民の中にある閉塞感を打ち破るのは国民自身であることを今や肝に銘じなければならない。
民主党にも、自民党にも、官僚にもそしてマスコミにもゆめゆめ気を許してはならない。

広告を非表示にする